海釣り公園ガイド.com

海釣り公園の釣果や施設情報を釣りブログで配信中

ヘチ釣り仕掛け

釣り初心者講座

多くの釣り人を魅了するヘチ釣りに挑戦してみよう|釣り初心者講座

投稿日:

ヘチ釣りとは

ヘチ釣りとは防波堤などの際(ヘチ)ギリギリの所にエサを落とし込んで釣る釣り方で、落とし込み釣りとも呼ばれています。防波堤の壁には、魚のエサになる貝や海藻が付着しているので魚が集まる良いポイントです。使用する釣具や釣り方がシンプルですがクロダイなどの大物がターゲットになります。さらに魚とのダイレクトなやりとりが人気で多くのヘチ釣りファンを魅了しています。

ヘチ釣り

ヘチ釣りの時期、ヘチ釣りで釣れる魚

ヘチ釣りは、防波堤などの際に付着しているカニ、貝類、海藻、虫、エビなどを捕食している魚が狙えます。その中でも人気のターゲットはクロダイです。この他にもスズキ、メジナ、アイナメ、メバル、カサゴなどが狙えます。

クロダイ、スズキ、メジナ、アイナメ、メバル、カサゴ

ヘチ釣りの仕掛け

ヘチ釣りの仕掛けは色々ありますが、ここでは一般的なものをご紹介します。まずはヘチ釣りに必要な釣具一覧です。これらの釣具は、釣具店に行けば全て揃えることができます。ヘチ釣りは他の釣りに比べ、仕掛けがシンプルなので釣り初心者でも楽しめます。釣り場が決まっているのであれば、釣具店の店員さんに相談してみましょう。

  • ヘチ竿(長さ2~3m)
  • タイコリール(ドラグ機能の有無は好みで)
  • 道糸:ナイロン(2~3号) or PE(1~1.5号)
  • サルカン(極小)
  • ガン玉(B~5B)
  • チヌ鈎3~5号

ヘチ釣りの仕掛けは下記の図のようになります。

ヘチ釣り仕掛け

ヘチ釣りで使用する釣りエサの付け方

使用する釣りエサには、カニ、貝類(イガイなど)、活きエビ、虫エサなどを使用します。特にカニや貝類は釣りエサとして人気あります。カニや貝類の付け方は下記の図のようになります。

釣りエサの付け方(カニ・イガイ)

ヘチ釣りの釣り方

  • 仕掛けを投入する前に防波堤の際を観察して貝類やカニなどいそうなポイントを探す。ケーソンの切れ目や橋脚、潮がぶつかってサラシがある所など防波堤のヘチで変化のある所が狙い目になります。
  • 仕掛けをゆっくり落としていきます。探るタナは釣り場にもより異なりますが、基本的には上層、中層、底層と探ってアタリがないのであれば、移動してまた上層、中層、底層と探っていきます。
  • 水面上のラインの変化でアタリを見極めてあわせる。あわせのタイミングは釣り場によっても異なりますが、基本的にはアタリがあっても落ち着いて少し遅めにあわせる。
  • 魚とのやりとりでは。際にある貝類や根入られてラインを切られないように注意しながら取り込む。

ヘチ釣りのポイント

  • 数回の投入してアタリがないのであれば少し移動してみましょう。
  • 釣りエサの沈下速度は、通常はゆっくりと落としていきますが、魚の活性が高い時は、少し早めの沈下速度で釣りエサを落としてみましょう。

adsense_336_280




adsense_336_280




-釣り初心者講座
-,

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com