海釣り公園ガイド.com

海釣り公園の釣果や施設情報を釣りブログで配信中

泳がせ釣り仕掛け

釣り初心者講座

釣った小魚で大物を釣る?!泳がせ釣りで大物を仕留めよう!|釣り初心者講座

投稿日:

泳がせ釣りとは

生きた魚を活きエサとして泳がせて大物を狙う釣り方です。使用する活きエサは、狙うターゲットによって異なりますが、一般的に青物ならアジやイワシが使用することが多いです。また底物のマゴチやヒラメなどは、キスやハゼを使用することが多いです。釣れる魚はほとんどが大物なのでワクワクする釣り方です。また、あまり釣りの技術を必要としないため、釣り初心者でも楽しめる釣り方です。

イワシの泳がせ釣り

泳がせ釣りの時期、泳がせ釣りで釣れる魚

泳がせ釣りは、小魚を主食としている魚がターゲットになります。ターゲットになる魚は豊富で、青物ならスズキ、シマアジ、ブリ、カンパチなどで、底物ならヒラメ、マゴチ、ガシラなどです。最近ではアジやイワシでアオリイカを狙うのが人気です。

泳がせ釣りの仕掛け

泳がせ釣りの仕掛けは色々ありますが、ここでは一般的なものをご紹介します。まずは泳がせ釣りに必要な釣具一覧です。これらの釣具は、釣具店に行けば全て揃えることができます。泳がせ釣りは他の釣りに比べ、仕掛けがシンプルなので釣り初心者でも楽しめます。釣りたい魚や釣り場が決まっているのであれば、釣具店の店員さんに相談してみましょう。

  • 磯竿(長さ4.5~5.5m)
  • 中型 or 大型リール(2500番以上)
  • 道糸:ナイロン(4~5号) or PE(1.5~2号)
  • うき止め糸 ※ウキ釣り式
  • シモリ玉 ※ウキ釣り式
  • 棒ウキ(3~5号) ※ウキ釣り式
  • からまん棒 ※ウキ釣り式
  • 中通しおもり(1~2号) ※ウキ釣り式
  • サルカン ※ウキ釣り式
  • スナップ付サルカン ※エレベータ式
  • 六角おもり(15~25号) ※エレベータ式
  • チヌ鈎(4~5号) ※ハリスは1~2ヒロ

泳がせ釣りの仕掛けは下記の図のようになります。

泳がせ釣り仕掛け

泳がせ釣りの釣り方

  • 活きエサに鈎を背掛け、または口掛けにします。
  • 仕掛けを投入します。ちょい投げが真下に仕掛けを投入します。仕掛けを30m以上遠投する場合は、着水時に活きエサが弱ってしまうので、仕掛けはエレベータ式にしましょう。
  • リールのドラグを緩めて、じっくりアタリを待ちます。大物がかかった時のために玉網の準備をしておきましょう。
  • アタリがあると竿先が激しく動きます。そしてドラグが回転しラインが出始めたら合わせてしっかり鈎にかけましょう。ドラグを調整しながら大物とのやり取りを楽しみましょう。

泳がせ釣りのポイント

  • 死んでいるエサで放置しているとエイやサメの餌食になるので、活きの良いエサを使うようにしましょう。
  • ある程度、待ってアタリがなければ仕掛けを上げて、新しい活きエサに交換しましょう。また中層狙いの場合は棚も変更してみましょう。
  • 仕掛けがエレベータ式の場合は、エサを付けない状態で先に仕掛けを投入してから、道糸にスナップ付きサルカンを通して活きエサを投入しましょう。

adsense_336_280




adsense_336_280




-釣り初心者講座
-,

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com